採用情報

社員インタビュー

これからの社会基盤を支える
二次製品の最先端へ
時代はPCa

2019年4月入社 総合技術研究所 東京設計課

Hさん

これが
私の仕事
設計業務
製品の計算書の作成
図面の作成(配列図・詳細図・役物図等)
お客様と営業との打ち合わせに同行・営業の代行

設計の魅力

コンクリート二次製品は規格化されており、製品一つのサイズや設計条件が定められています。しかし、現場によってはその条件とは異なることがあります。
そのため設計では計画されている現場に製品が適応できるかを計算により検討し、計算上問題ないように材料等を変更し現場の条件に適応させます。また実際に製品を配置する配列図(配置図)を作図します。

お客様から、従来の工法ができずに二次製品を使いたいという要望に対して様々な現場条件に適応させるため臨機応変に対応していくのが設計の面白みの一つだと思います。

また、二次製品を使う現場は過酷な条件(施工時の作業スペースが狭い、工期を短くしたい等)が多く本来なら実現できない工事が実現できることにやり甲斐を強く感じます。


だからこの仕事が好き!

私たちが提供する製品は個人の所要物ではなく国のものになります。そのため人々の生活に大きな影響を与えます。
携わる仕事は道路・河川・公共施設と様々で、多くの人が使用し規模も大きくなっていきます。
一つの工事に関わる企業は一社ではなく、プロジェクトが大きければ大きいほど様々な企業と協力して作り上げていきます。
社内だけでなく、お客様とも打ち合わせを繰り返し、助け合い、ゼロだったものを完成させていきます。
設計に携わった場所で人々の笑顔が増えていくことが仕事での最大の喜びだと感じます。

1つの物件の進め方

1.上司に仕事の依頼が来ます
2.営業・上司・私の3人で打ち合わせをします
計算書・図面等、何が必要なのか、製品は何を使うのか相談します。
3.資料を確認しながら設計を進めます
不明な事があれば営業に確認します。営業が外出している場合には、直接お客様に聞くこともありますし、時には営業とお客様の打ち合わせに同行したり、営業の代行で打ち合わせを行ったりします。
またZoomを活用して他部署との相談を行ったり、お客様と打ち合わせを行うこともあります。

とある日の1日の仕事の流れ

8:50-9:00
朝礼・ミーティング
9:00-10:00
予定確認・メールチェック
10:00-12:00
物件対応(図面・計算)
12:00-13:00
昼休み
13:00-15:00
設計会議
15:00-17:00
物件対応(チェック等)
17:00-18:00
依頼打合せ
18:00-
物件対応、退社

私がこの会社を選んだ理由

私は学生時代の研究を通しコンクリート二次製品を知りましたが、それまで全く知らない職種でした。しかし、今まで生活していて知らなかっただけで実は生活に欠かせない基盤になっていることに驚きました。

更にコンクリート二次製品は現在、国土交通省が推奨する「i-Construction」により建設業界に欠かせない存在になっています。少子高齢化により近年、作業労働者の低減が問題となっており、簡略化し生産性向上および安全面向上が重要なポイントになっています。そのような現状に、規格化されているコンクリート二次製品が注目されています。

このように、これからの建設業に欠かせないコンクリート二次製品のスペシャリストになり社会問題の解決に役立ちたいと入社しました。


未来の丸栄の仲間達へ

目的意識を絶やさず段取力が重要。多くの設計依頼を受け、依頼には全て納期が決まっています。そのため自分が受けている依頼を把握しスケジュール管理を行うことが重要ポイントだと思います。それを怠ってしまうと納期遅れが発生し残業が増える傾向になります。
また、多くの依頼を対応していくと作業性が強くなってしまうため、今対応している案件は何の為の設計なのかと設計目的を意識することでやりがいが高まると思います。