※一部地域限定の製品を含んでいますので、御用命の製品及びサイズについては最寄りの営業までお問合せ下さい。
アーチカルバート
I 型・II 型
特厚型

高盛土用アーチカルバート


特長

@ 上部がアーチ形状、下部がボックス形をしているため、上部の荷重は軸方向圧縮力として伝達され、部材の上部及び側壁に生じる曲げモーメントが低減され高い強度をもちます。
A 継手部にゴム輪を使用することにより、高い止水性が確保できます。
B 地盤の多少の不同沈下に対しても、可とう性が発揮され漏水の心配がありません。

設計条件

活荷重 ・ T-245
活荷重による鉛直荷重
 
(1)土被り4m未満の場合
   後輪分布荷重Pv=(Pl・β)/(2・h+0.2) kN/m2
   後輪荷重Pl=(2×後輪荷重)/2.75×(1+i) kN/m
     i =0.3 :衝撃係数
     h    :土被りm
     β=0.9 :低減係数
 
(2)土被り4m以上の場合
   上載荷重Q=10.0kN/m2
   単位重量
     コンクリート ・・ 24.5kN/m3
     舗装 ・・・・・・・ 22.5kN/m3
     土 ・・・・・・・・・ 18.0kN/m3
   水平土圧係数 ・・・ Ko=0.3
   鉛直土圧係数 ・・・ α=1.0

標準構造図

 
基礎の厚さ
内 幅 (B) t1 t2
 800〜1,200
100 150
1,500〜2,200
150 200
2,500〜3,000
200 250
(単位:mm)

種類

形状による種類

種 類 タイプ
A規格
標準形アーチカルバート
P規格
縦方向連結形アーチカルバート
S規格
2分割形アーチカルバート

土被り条件による種類

種 類 特 長
I 型
標準部材厚で標準鉄筋のもの
II 型
標準部材厚で鉄筋量を増加させたもの
特厚型
I 型より約3割部材厚を増加させたもの

(ご注意)別表の許容土被り表の範囲を超える場合には、別途、条件に合わせて設計製作致します。

許容土被り表

サイズ 最大土被り(m)
内幅B 内高H I 型 II 型 特厚型
800
560
5.6
-
-
640
5.7
-
-
720
5.8
-
-
800
5.9
-
13.8
880
6.1
-
14.0
960
6.4
-
14.4
1,000
700
5.3
7.5
-
800
5.2
7.7
-
900
5.6
7.7
-
1,000
5.6
7.8
12.4
1,100
5.6
8.0
12.7
1,200
5.6
8.3
13.0
1,200
840
5.2
7.0
-
960
5.2
7.2
-
1,080
5.2
7.4
-
1,200
5.3
7.7
10.4
1,320
5.3
7.8
10.7
1,440
5.3
8.1
11.4
1,500
1,050
4.9
6.1
-
1,200
4.8
6.3
-
1,350
4.9
6.5
-
1,500
4.9
6.7
9.3
1,650
5.1
6.8
9.6
1,800
5.1
7.1
10.1
1,800
1,260
3.6
6.4
-
1,440
3.5
6.3
-
1,620
3.5
6.3
-
1,800
4.4
6.3
8.7
1,980
4.5
6.4
9.1
2,160
4.7
6.7
9.7
サイズ 最大土被り(m)
内幅B 内高H I 型 II 型 特厚型
2,000
1,400
3.9
6.1
-
1,600
4.1
6.0
-
1,800
4.1
6.0
-
2,000
4.1
6.1
9.2
2,200
4.3
6.2
9.5
2,400
4.4
6.5
10.0
2,200
1,540
3.4
5.9
-
1,760
3.3
5.8
-
1,980
3.3
5.8
-
2,200
3.4
5.9
8.9
2,420
3.5
6.0
9.3
2,640
3.6
6.3
9.8
2,500
1,750
3.3
5.3
-
2,000
3.3
5.2
-
2,250
3.3
5.2
-
2,500
3.3
5.2
8.7
2,750
3.4
5.4
9.1
3,000
3.3
5.6
9.7
2,800
1,960
3.4
4.6
-
2,240
3.3
4.5
-
2,520
3.2
4.5
-
2,800
3.3
4.6
8.2
3,080
3.4
4.8
8.7
3,200
3.3
4.8
9.0
3000
2,100
3.3
4.6
-
2,400
3.2
4.5
-
2,700
3.2
4.5
-
3,000
3.2
4.6
8.1
3,200
3.3
4.7
8.4

(ご注意)
  1. 最小土被りは、0.5mです。
  2. 許容土被り以上の場合は、特厚型の底版を厚くした特特厚型と、円弧部を含め全ての厚さを厚くした超特厚型があります。
  3. 許容土被り算出の設計条件は、上記のとおりです。
    但し上記設計条件以外の場合は、許容土被り値が変わりますので、お問い合わせ下さい。

形状・寸法


I 型・II 型
特厚型

継手形状

継手部詳細図

(円弧部及び脚部)

(底版中央部)

継手用ゴム輪



曲線布設

  • 標準長さ製品の継手を少しずつ曲げながら、大きな曲げ半径で据付けを行うことを、曲線布設といいます。
  • 各継手を均等に曲げて行うためで、サイズと製品の長さにより許容曲げ角度及び最小曲げ半径は、下表の通り定まります。
  • 据付け後、継手の抜け出しを防ぐために、継手目地を充分に施して下さい。

 
内 幅
800
1,000
1,200
1,500
1,800
2,000
2,200
2,500
2,800
3,000
抜け出し量 l (mm)
10
10
10
10
20
20
20
20
20
20
許容曲げ角度θ

0°34'

0°28'
0°24'
0°19'
0°32'
0°29'
0°27'
0°24'
0°21'
0°20'
最小曲げ半径 R (m)
151
249
293
357
213
177
193
217
163
174
(ご注意) l は最大抜け出し量の1/2〜1/3とします。

折点布設

断面図



丸栄コンクリート工業株式会社