施工マニュアル 丸栄コンクリート工業株式会社
TOP||安全上のご注意||お願い
ボックスカルバート||L形擁壁・L形水路||U形カルバート・スラブ・NSフリューム・各種三面水路||プレハブ水路
丸栄コンクリート工業株式会社 施工マニュアル

大サイズL形擁壁およびL形水路
荷下ろしと据え付けのための作業マニュアル

<セフティックスとカップラーの扱い>

L形擁壁およびL形水路(ハイ・タッチウォールを除く)の場合

仰向き状態の時

荷姿

荷下し

セフティックス・カップラーを図のようにセットし、重心上で静かに吊り上げたのち仮置きしてください。

転回

仰向き状態から施工状態への転回は、底版の下側を接地したままで図にようにセットし親子クレーン又は、2台のクレーンで行います。   フックを上げていきます。その際、底版側フックは製品に合わせて下げていき、製品を転回させます。   底版側c・dは、負荷移動時の衝撃をやわらげる役目です。   施工状態
図の様にワイヤーをセットし、重心上で静かに吊り上げてください。

縦置き状態の時

荷姿

荷下し

施工状態  
施工吊りはセフティックス・カップラーを図のようにセットし、重心上で静かに吊り上げてください。荷姿がこの様な場合は直接据え付けができます。

L形擁壁コーナーの時

図の様にワイヤーをセットし、重心上で静かに吊り上げて下さい。
危険
●カップラーのツバの向きに注意して下さい。
●カップラーのツバがコンクリート面より45°以上開いた時は、木づち等で叩いて調整してください。
●製品の転回は接地して行ってください。
●空中反転・施工での2点吊りは、安全設計外なので絶対に行わないで下さい。
製品の下には絶対に入らないで下さい。

作業前に必ずお読み下さい

1.部品の名前と形状

2.アンカー埋め込み状態の確認

アンカーが適正の位置に埋め込まれているか、今一度ご確認ください。

3.カップラーのチェック

カップラーに歪みや傷はありませんか。ご確認願います。

4.カップラーとアンカーのトン数表示の確認

カップラーとアンカーのトン数表示が一致しているかご確認願います。
アンカーの上部の中央にトン数を
表す数字があります。
カップラーは吊環の上部に
トン数表示がしてあります。

5.コンクリート製品のアンカー位置と記号

※ハイ・タッチウォールは底版アンカーはCのみとなり、長さの中央に取り付けてあります。

6.アンカーに対するカップラーの向き

カップラーのツバがコンクリート面と密着した状態で引っ張られるようにします。
カップラーのツバがコンクリート面と密着しないで、角度が45°以上開いた状態で引っ張るのは非常に危険です!
カップラーを横に引っ張る形では使用しないで下さい。
カップラーのヘッドとバーがクロスしないようにしてください。危険です。
特にワイヤーをゆるめた後は、カップラーの向きを再確認のうえ作業を行って下さい。

7.カップラーやヘッド、アンカーの隙間に指を挟まないようにご注意

ワイヤーで吊り上げる時に、カップラーのツバがコンクリート面と45°以上開いた場合には、カップラーの向きを調整して開きを閉じるようにしてください。その時に、カップラーやアンカー、ヘッド、ワイヤーなどにうっかり手を添えたりしますと、指を挟まれたりして非常に危険ですから、木づち等で叩いて調整してください。

8.吊り上げ時の基本的注意

バランス良く、ゆっくり吊り上げてください。数ヶ所のアンカーを1点で吊る時は、ワイヤーの遊びなどがあります。注意してください。また、偏荷重は危険です。
衝撃荷重は厳禁!急激なショックは破断落下の元!ゆっくりと降ろしてください。
吊り角度(θ)は60°以下で
吊り角度(θ) 30° 60° 90° 120°
荷重の変化 1.00倍 1.04倍 1.16倍 1.42倍 2.00倍
※違作業は事故の元になります。必ずマニュアルに従い、有資格者の指示にて作業を行ってください。

上に戻る


TOP||安全上のご注意||お願い
ボックスカルバート||L形擁壁・L形水路||U形カルバート・スラブ・NSフリューム・各種三面水路||プレハブ水路