施工マニュアル 丸栄コンクリート工業株式会社
TOP||安全上のご注意||お願い
ボックスカルバート||L形擁壁||L形水路||U形カルバート・スラブ・オープン水路・各種フリューム||プレハブ水路
丸栄コンクリート工業株式会社 施工マニュアル

L形擁壁

L形擁壁製品カタログ


  1.製品搬入前の準備 2.現場での保管 3.基礎コンクリート 4.吊り金具・ワイヤーの点検
    5.吊り上げ時の注意 6.据え付け 7.埋戻し

セフティックスとカップラーの取り扱い 荷下ろしと据え付けのための作業マニュアル

大サイズ L形擁壁(ハイ・タッチウォール除く)の場合<セフティックスとカップラーの取り扱い>
  ・横置き状態の時
大サイズL形擁壁およびL形水路(ハイ・タッチウォール除く)の場合<セフティックスとカップラーの取り扱い>
  ・仰向き状態の時、または縦置き状態の時
ハイ・タッチウォールの場合<セフティックスとカップラーの取り扱い>
  ・仰向き状態の時
・横置き状態の時

1.製品搬入前の準備

1.クレーンの手配をお願いします。

クレーンの手配をお願いします。 当社からの製品を搬入するときは、荷降ろしの為のクレーン車の準備をお願いします。クレーン容量はコンクリート製品の重量の3倍以上のものが必要です。

2.仮置場のスペースを確保してください。

大型製品の納入日には、一日に多くのトラックが入ります。あらかじめ荷降ろしの場所の選定、十分なスペースの確保をお願いします。

3.納入日の変更は早目にご連絡を!

現場の都合で納入日が遅れる場合はできるだけ早く当社へご連絡ください。できれば4日以上前にお願いします。 納入日の変更は早目にご連絡を!

4.雨の時も受入れをお願いします。

当日急に雨天になった場合でも、クレーン車は返さないで、搬入は予定通りに願います。搬入を断わられた場合3〜4日位再搬入が出来ない時もあります。また持帰りの運賃をご負担願うことになります。 雨の時も受入れをお願いします。

上に戻る

2.現場での保管

5.安定した置き方を!

L形擁壁は、重心が直立した側に偏っていますから必ず凹凸のない水平な所にバン木を使用して置いて下さい。正しく置かないと転倒する場合があります。
安定した置き方を!

こういう仮置きは危険
こういう仮置きは危険

バン木をこのようにおくのはダメ

上に戻る

3.基礎コンクリート

6.基礎コンクリートの養生は十分に!

製品の重量を支える十分な強度が必要ですので養生を必ずお願いします。 基礎コンクリートの養生は十分に!

7.モルタル厚さを忘れないで!

基礎コンクリートの高さにモルタル厚をプラスしたレベルがL形擁壁底部の位置になりますので、モルタル厚(通常は2〜3cm)分を忘れないように基礎コンクリートのレベルを設定してください。

モルタル厚さ

上に戻る

4.吊り金具・ワイヤーの点検

8.吊り金具の点検など

吊り金具は必ず毎日使用する前に、変形、亀裂、すり減りなどを点検してください。金具・シャックル等は、決められたものを使って下さい。そうでないと、事故や製品破損の原因になります。 吊り金具の点検

上に戻る

5.吊り上げ時の注意

9.吊り金具の取り付けについて!

金具の取付けは、下図に沿って使用してください。

吊り金具の取り付け

吊り金具の取り付け

上図の吊り金具でL壁を吊り上げるときは必ず2点吊りとし、吊り角度は60°以下で使用してください。

10.少し吊り上げて再点検を!

一旦地上10cm程度まで吊り上げて停止させ、横ゆれや回転を止め、またワイヤーのひねりや伸び、吊り金具などの異常がないことを確認してから作業を始めてください。 少し吊り上げて再点検を!

11.吊り上げた製品の下に絶対入らない!

吊り上げた製品の下には、絶対に入らないように厳重に注意してください。 吊り上げた製品の下に絶対入らない!

上に戻る

6.据え付け

12.敷きモルタルは”ならし定規”で平らに!

敷きモルタルは”ならし定規”を使用して、均等の密度になるようにして下さい。 敷きモルタルは”ならし定規”で平らに!

13.ジョイント部のモルタルは取り除く!

ジョイント部のモルタルは取り除く!

14.微調整はバールで!

据付け時の微調整は、僅かにL形擁壁を吊り上げた状態でバールなどで行ってください。 微調整はバールで!

上に戻る

7.埋戻し

15.埋戻しは少しずつ締固めを!

埋戻しは20〜30cm程度の層に分けて、順次、各層毎に、十分締固めをしてください。 埋め戻しは少しずつ締固めを!
1回に20cm〜30cm
締固めをしながら
順次埋戻してください

16.埋戻しにも細心の注意を!

埋戻しの土砂を重機で高い所から落としたり、押し付けたりすることは、設計荷重以上の大きな力がL形擁壁に加えられることになり、破損の原因になります。このような施工方法は行わないようにお願いします。 埋め戻しにも細心の注意を!

17.埋戻しには固い土砂を!

埋め戻しには固い土砂を! 水分を含みすぎた泥土を埋戻しに使うと、土圧が設計よりも大きくなり、製品を破損することになります。出来るだけ乾いた固い土砂を使うようにして下さい。

18.大きなショックはクラックのもと

埋戻し完工時に、犬走り部分をランマーなどて仕上げする場合は、過大な衝撃を与えないようにご注意ください。特に製品に直接当らないようお気を付け願います。又、重機の通過、接近にもご注意ください。 大きなショックはクラックのもと

上に戻る


TOP||安全上のご注意||お願い
ボックスカルバート||L形擁壁||L形水路||U形カルバート・スラブ・オープン水路・各種フリューム||プレハブ水路