笠コンフレーム
 
矢板笠コンのプレキャスト化の開発に成功!
 

概要

 水路、河川や湖沼などでは、鋼矢板、コンクリート矢板による矢板護岸工が用いられ、矢板の設置後には、上端部を”笠石”として現場打ち笠コンクリートが施されています。このような場所での施工は、水位や流速の変動、強風による波浪等、悪条件での、舟などによる型枠組立・撤去や、配筋作業が行われています。「笠コンフレーム」は、陸側からのみの施工で、笠コンクリートの構築が図れる製品です。
 

特長

  1. 型枠組立・撤去が不要となり、工期短縮が図れます。。
  2. 陸地側からすべて施工が可能であるため、作業環境の改善が図れます。
  3. 表面レリーフにより、景観性向上が図れます。
  4. 型枠の木材などが削減でき、省資源化が図れます。
  5. 広幅型・ハット形鋼矢板にも対応でき、タイロット仕様での実績もあります。
 

標準断面図

【標準施工図】 【法止使用例】
 

製品ラインナップ

標準タイプ 法止タイプ 塩害対応タイプ
 

形状・寸法 【標準タイプ】

 

規格寸法表

サイズ 寸法仕様(mm) 参考
質量
(kg)
中詰め
コンクリート量
(㎥/本)
適用参考例
U形鋼矢板 ハット形鋼矢板
A B C C1 D E F G ⅠA ⅡA ⅡW ⅢA ⅢW ⅣA ⅣW ⅤL ⅥL 10H 25H
400 500 380 370 60 60 90 250 330 0.28                          
400 550 430 420 60 60 90 250 340 0.32                        
450 550 430 420 60 60 90 300 370 0.36                        
500 500 380 360 60 80 110 310 420 0.35                            
500 600 480 460 60 80 110 310 430 0.44                
500 700 580 560 60 80 110 310 450 0.53                  
500 800 680 660 60 80 110 310 470 0.62                  
600 600 480 460 60 80 110 410 500 0.53                
600 700 580 560 60 80 110 410 520 0.65                  
600 800 680 660 60 80 110 410 540 0.76                  
700 700 580 560 60 80 110 510 590 0.76                  
700 800 680 660 60 80 110 510 610 0.89                  
800 800 640 600 80 100 140 560 920 0.93                
800 900 740 700 80 100 140 560 940 1.08                      
 
上記表は、矢板工における施工管理基準(±100mm)に基づく適用参考例です。
上記以外の適用についてはお問い合わせ下さい。
質量は表面模様付きの質量を示しています。
 

形状・寸法 【法止タイプ】

(ご注意)上図はサイズ500×610以上を示します。400×500は形状が若干異なります。
 

規格寸法表

サイズ 寸法仕様(mm) 参考
質量
(kg)
中詰め
コンクリート量
(㎥/本)
適用参考例
U形鋼矢板 ハット形鋼矢板
A B C C1 D E F G H J K M N ⅠA ⅡA ⅡW ⅢA ⅢW ⅣA ⅣW ⅤL 10H 25H
400 500 372 370 60 60 90 250 23 45 0 68 272 300 0.29                        
500 610 400 451 60 80 110 310 50 100 80 120 300 480 0.41                
500 700 490 540 60 80 110 310 50 100 80 120 300 500 0.49              
500 750 540 591 60 80 110 310 50 100 80 120 300 500 0.54                
600 800 590 641 60 80 110 410 50 100 80 120 400 590 0.72                  
 
上記表は、矢板工における施工管理基準(±100mm)に基づく適用参考例です。
上記以外の適用についてはお問い合わせ下さい。
質量は表面模様付きの質量を示しています。
 

形状・寸法 【塩害対応タイプ】

 

規格寸法表

サイズ 寸法仕様(mm) 参考
質量
(kg)
中詰め
コンクリート量
(㎥/本)
適用参考例
U形鋼矢板 ハット形鋼矢板
A B C C1 D E F G ⅠA ⅡA ⅡW ⅢA ⅢW ⅣA ⅣW ⅤL ⅥL 10H 25H
500 700 480 460 110 80 110 310 640 0.44                
500 800 580 560 110 80 110 310 660 0.53                  
500 900 680 660 110 80 110 310 680 0.62                  
600 700 480 460 110 80 110 410 750 0.53                
600 800 580 560 110 80 110 410 770 0.65                  
600 900 680 660 110 80 110 410 790 0.76                  
700 700 480 460 110 80 110 510 870 0.63                
700 800 580 560 110 80 110 510 880 0.76                  
700 900 680 660 110 80 110 510 900 0.89                  
800 800 580 540 110 100 140 560 1080 0.84                
800 900 680 640 110 100 140 560 1100 0.99                  
800 1000 780 740 110 100 140 560 1130 1.14                          
 
上記表は、矢板工における施工管理基準(±100mm)に基づく適用参考例です。
上記以外の適用についてはお問い合わせ下さい。
質量は表面模様無しの質量を示しています。
 

施工手順

① 高さ調整金具・はし渡し金具の取り付け    ② 製品据え付け
   
③ 幅止め金具の取り付け    ④ ジョイントボルトの取り付け
   
⑤ 底型枠受けブラケット取り付け    ⑥ 底型枠の取り付け
   
⑦ コンクリート打設    施工用吊り金具
 

施工例

施工前 施工中 完成
 

施工歩掛

(100m当たり)
名 称 単位 数量(型枠あり)
世話役 4.8
特殊作業員 2.2
普通作業員 20.2
型枠工 1.5
ラフテレーンクレーン運転 4.0
諸雑費率 29
 
(ご注意)
1. 上表の労務歩掛は、高さ調整金具取付、ブロック連結、中詰めコンクリート打設(型枠が必要な場合は、型枠設置・撤去)、養生等の労務を含みます。
2. 本歩掛は、運搬距離30mまでの小運搬を含んでいますが、これにより難い場合は別途考慮します。
3. ラフテレーンクレーンは賃料とします。
4. 諸雑費は、労務費、機械損料の合計額に上表の率を乗じた金額を上限として計上します。なお、諸雑費に含まれる内容は次の通りです。
  [諸雑費] 基礎砕石の敷設・転圧労務、基礎砕石の材料投入労務・締固め機械運転経費、型枠持上(下)機械経費、バイブレータ・コンクリートバケット・電気ノコギリ・電気溶接機等損料、砕石・調整金具・連結金具・目地材・溶接棒・型枠材・剥離材等の材料費
5. 諸雑費は、基礎砕石の有無によらず適用できます。ただし、敷均厚は、10cm以下を基準とします。
6. 諸雑費の基礎砕石は、材料の種別・規格に関わらず適用できます。
7. 平成25年度国土交通省土木工事積算基準 笠コンクリートブロック据付工を引用しています。